MY米国株投資に関する独り言

米国株投資を中心とした投資のジャーナルをつけ、試行錯誤しならが投資のスキルを伸ばしていきます。

7月最後のトレード日

今日は仕事が忙しく、米国株式市場がオープンしている間に、保有株のモニターをすることができなかった。

大きな損失はなかったが、全般的には下落気味の日となった。

7月は、中長期投資と短期投資のポートフォリオは好調にスタートしたが、最終日には、短期投資のポートフォリオは損失を出すこととなった。

中長期投資は、先月の残高と比べると1%強の利益だった。

今週のフェイスブック、アップル、グーグルの決算後に下落したが、とりあえず、全般的にはプラスの月となった。

短期投資は、この週末に今月のやり方を見直し、来月に同じ間違えをしないようにしよう。

今年に入って7か月間、短期投資は、失敗に終わっている。先月の残高と比較すると2.5%の損失。

デイトレーダーでもないのに、その日の株式市場の動きに動揺して、プランを無視した動きをしすぎた。

大きな要因は、急落したときに早いうちに損切ができていない。

また、ストップロスが、下落の底のあたりに設定され、売却された後に上がりだしても、俊敏に買い戻すことができない。

色々な状況を設定して、どのように動くかのプランを立てなくてはいけない。

投資家のテスタ君が、言っていたように、今月投資した株のチャートをすべて見直し、なぜうまくいかなかったか、あるいはうまくいったかを学ぼう。